証券会社比較

株をはじめようとした時にまず必要なのが取引を行う証券会社です。
私も色々な証券会社の口座を作成したのですが、何を基準に選べばいいか迷いました。
やっぱりみんな、株を始める理由ってお金を得ることだと思うんですよね。
そう考えると手数料が一番大事ではないでしょうか?
ただ、取引していくとスクリーニングやチャート見たりって絶対出てきます。そこで必要なのはツールです。
また、新規上場株(IPO)を狙うなら、IPOに強い証券会社を選ぶ必要があります。
ということで、これから証券会社を比較していくのですが、結局どこが一番いいんじゃい?となると思います。
それに対する答えは・・・・・・・必要な証券会社の口座を全部作っちゃう!です。

証券会社の口座を作るのはハードルが高いとか個人情報がーとか思われるかもしれませんが、少なくとも私が作ってから不都合なことは起こっていません。変な勧誘の電話とかも来ていません(笑)

もちろん、一つの口座で完結すればパスワード管理とかも楽になりますし、口座の選び方によっては確定申告も不要になったり、通算させる必要がなくなります。

ただ、ここはいいけどここはなーとか一長一短あるのであれば、全部作って見て、それぞれのいいとこを使えばいいと思います。
口座作るとキャッシュバックキャンペーンとかあるので、そこで軍資金をつくることもできますしね。

ということで私のおすすめは、複数口座を作ることです。

おすすめ

・通常の取引で使用する口座・・・手数料が安い証券会社
・ツールを使って分析する口座・・・使い勝手のいいツールがある証券会社
・IPO用の口座・・・IPOに強い証券会社
 IPOに関しては、狙っている株によって変わりますね。

面倒だから1社に絞りたいって気持ちはわかりますが、口座作るだけはタダなので、というかむしろ軍資金もらえるので、作っておきましょう。

 

1.手数料

投資スタイルによっても変わりますが、自分の取引回数と規模を考えて決めればいいと思います。まだわからない場合は、とりあえず、少額の取引の手数料が安いものがいいと思います。
1約定毎のプランだと以下の通りです。更新されている可能性もありますので、詳細は各証券会社のホームページを参照して下さい。
全体的に安いのがクリック証券、5万円までの低位株向けの設定があるのがSBI証券と楽天証券となります。今回は、1約定毎のプランと比較となりますが、それ以外にはプランはあります。
数円の差ですが、取引を積み重ねていくとチリも積もればなので、自分の取引スタイルにあった一番安い手数料の証券会社で取引をしましょう。

表1.手数料比較(全て税込み価格)

証券会社 ~5万円まで ~10万円まで ~20万円まで ~50万円まで ~100万円まで
SBI証券 55円 99円 115円 275円 535円
GMOクリック証券 96円 96円 107円 265円 479円
マネックス証券 110円 110円 198円 495円 (成行注文)1,100円
(指値注文)1,650円
楽天証券 55円 99円 115円 275円 535円
auカブコム証券 99円 99円 198円 275円 (約定金額×0.09%+90円)
〔上限:3,690円〕

 

2.ツール
各社いいツールを出しているので、基本的には好みになります。これも触ってみてどう感じるかですね。使いやすいかどうか。あとはスマホで使いやすいか。こういった観点で使ってみればいいと思います。

証券会社 ツール名 リンク
SBI証券

HYPER-SBI
SBI証券 株アプリなど

HYPER-SBI
SBI証券 株アプリ
GMOクリック証券 スーパーはっちゅう君
株roidなど
ツールリンク
マネックス証券 マネックストレーダー
マネックストレーダー株式
スマートフォンなど
ツールリンク
楽天証券 マーケットスピード
iSPEEDなど
ツールリンク
auカブコム証券 kabuステーション
auカブコム証券スマートフォンアプリなど
ツールリンク

 

3.IPO
実はここだけで記事書けるレベルです。
ポイントは
・取扱銘柄数が多い
・「配分比率」と「抽選ルール」が公平
です。
上記5つの証券会社だとSBI証券がダントツに取扱が多いです。
IPOだけ考えたら、他の証券会社も口座を作っておいて、当選確率を上げたほうがいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました