確定申告

お役立ち情報

みなさんは確定申告と聞くと面倒そうだとか税務署に行かなければいけないと思っていませんか?
この記事では確定申告をサクッと終わらせる方法について書こうと思います。
準備が必要ですが、それさえできればオンラインで自宅にいながら確定申告が終わっちゃいます。
税務署に行く必要はありません。
①準備と②確定申告するだけです。

①準備するもの

・マイナンバーカード
・カードリーダー
・源泉徴収票

②確定申告

・確定申告申請サイトにいく
・マイナンバーカードをカードリーダーに読み込ませる
・必要事項を入力して、提出
・(利益が出て納税が必要な場合のみ)
 ネットバンキングを使って納税額を振り込み

必要なものを準備しておけば、パソコン上で終わっちゃいます。
これから毎年することを考えれば、少しのカードリーダーの出費ぐらい問題なし!
では、具体的にいきましょう

①準備するもの

マイナンバーカード

    マイナンバーカードは、確定申告するしない関係なく、作っておいた方がいい
   です。自治体にもよりますが、コンビニで住民票、戸籍謄本、印鑑証明なんかが
   取れたりします。それにマイナポイントも始まりますし、マイナンバー通知カー
   ドは終わります。
    作り方ですが、すごく簡単です。スマホとマイナンバー通知カードで作れちゃ
   います。マイナンバーカード総合サイトを見ればすぐできます。

スマートフォンによる申請方法 – マイナンバーカード総合サイト

マイナポイントについては別記事書きましたので、そちらを参照ください。

カードリーダー

    読み込みができれば基本OKです。
    私は下のカードリーダーを買いました。すこぶる好調です。

源泉徴収票

   給与収入がある方は会社からもらっていますので、それを準備してください。

②確定申告

 では、準備ができたら確定申告を実施します。

確定申告申請サイトにいく
【確定申告書等作成コーナー】-作成コーナートップ
マイナンバーカードをカードリーダーに読み込ませる

  確定申告書類を作る前にマイナンバーカードの読み込みが必要になります。
  カードリーダーをパソコンにさして、マイナンバーカードをカードリーダーの上に
 置けば、勝手に読み込んでくれます。

必要事項を入力して、提出

  ここが一番面倒なところですね。
  特定口座なら、数字はわかっているので、入れるだけいいです。
  ふるさと納税やっている人や医療費助成が必要な人は、ここで忘れずに入力してく
 ださい。特にふるさと納税は、ワンストップ特例制度使っていても確定申告する場合
 は、あわせて行う必要があるので注意が必要です。

(利益が出て納税が必要な場合のみ) ネットバンキングを使って納税額を振り込み

 あとは、納税額がわかりますので、ネットバンキング等を使って振り込みます。
 他の方法で納税してもいいですが、すぐ終わりますので、ここでやってしまいましょう。



さて、確定申告はやってみると以外と簡単に終わります。
私も初めてやった時は難しそうなイメージしかなかったですが、一回やってみるとあれ?そうでもないなって思います。
なんでもそうですが、一回やってみれば慣れるものです。

私は、ふるさと納税もしていますので、あわせて確定申告しています。
ふるさと納税だけだったら確定申告いらないんですけどね。
ふるさと納税のおすすめはまた別記事で書きます。

では、今回の記事を終わります。
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました