一般口座と特定口座

証券会社に口座を作るときに始めてだとどれ選べばいいの?と思うのではないでしょうか。
今回は、証券会社に口座を作る時の口座について説明しようと思います。
口座は3種類存在します。

①一般口座
②特定口座(源泉徴収なし)
③特定口座(源泉徴収あり

それぞれ見ていきましょう。

①一般口座

何も特別なことはやってくれません。普通の口座です。
収支の計算、確定申告が必要です。

②特定口座(源泉徴収なし)

証券会社で取引における収支を計算し、1年に1度、年間取引報告書を出してくれます。
取引における収支がわかる口座です。
このあと出てくる③特定口座(源泉徴収あり)とは異なり、税金は徴収されません。
自分で確定申告を行う必要があります。

③特定口座(源泉徴収あり)

証券会社で取引における収支を計算し、1年に1度、年間取引報告書を出してくれます。
取引における収支がわかる口座です。
さらに税金が徴収されますので、確定申告も不要です。
もちろん確定申告することもできます。

では、どの口座を選べばいいでしょうか?
一番手間のかからないのは③特定口座(源泉徴収あり)に見えます。
収支の計算もいりませんし、勝手に納税もしてくれます。

ただし、特定口座(源泉徴収あり)にはデメリットもあります。
・税金は20万円以上の利益が出たときのみ払えばよいが、20万円以下でも自動的に納税される
・複数の口座で取引した場合、合算するためには結局、確定申告が必要
・損した場合、通算させるには結局、確定申告が必要

ですが、初めての場合は、
③特定口座(源泉徴収あり)で口座を作るのがいいでしょう。

投資を続けてみて変えたいなと思えば、②特定口座(源泉徴収なし)変えればいいですし、確定申告したってOKです。

特に理由がなければ一般口座を選ぶ理由はありません。
(その理由もあまり思い浮かびません)

あと、もう一つ、配当はすでに税金引かれてますから確定申告不要です。
合算するときは必要なので、その時確定申告は必要です。

確定申告については別記事で書きます。
私もはじめは面倒で複雑なんでしょと思っていましたが、そんなことなかったです。

では、今回の記事を終わります。
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました